景品はコマーシャルの一環でもあります

景品はコマーシャル活動をしてくれるものでもあります。本人が広告をしているという感覚はなくても、使っているだけで効果があるのです。そうなると、いいものを使っているというように周りの人は感じることになります。これが一番のコマーシャル効果となるのはまちがいありません。テレビなどのCMでは分かりにくいことが、使うことで分かることもあります。普段何気なく使っているようなものであれば、特に何かを感じることもないでしょう。そのため、お祭りやゲームなどの景品を広告として使うというのはかなり効果的な方法でもあるのです。うまく広告をすれば、本人も気づかないところでそのアイテムのよさを広めてくれると考えられます。

お祭りなどでは広告効果も期待できる

お祭りなどのイベントでは、宣伝効果を期待することができます。多くの人が集まれば、それだけ多くの人が見るものとなりますから、その宣伝効果は大きなものがあります。ですから、そうしたイベントで渡すものは、後に残りなおかつ目立つようなものが適しているということになるでしょう。例えばうちわなどはかなり有効です。使用していてかなり人目につくことになりますし、使っていて不自然さを感じることはありません。暑い時であれば、持ち歩いてくれるので、その場でもかなり使ってくれることが予想されます。自宅に持って帰ってくれれば、何かと使ってくれることもあるかもしれません。うちわを見れば、そのイベントを思い出すことになりますから、宣伝効果としてはかなりのものがあることになります。

利便性と視認性を考えたものにする

イベントなどの景品は利便性と視認性を考えたものとするがいいでしょう。利便性がないものはもらってもうれしくないので、すぐに捨てられて終わってしまいます。出来るだけ棄てられないようにするには利便性の高いものとすることです。今は使わなくてもいずれ使うことになるかもと思うと人は、それを保管しておこうとするからです。例えばティッシュペーパーなどです。今すぐ使うことはないかもしれませんが、将来的に使うことも考えられるので、貰った人はこれを保管しておくことが多いのです。また、視認性も大切で、せっかく使ってもらっても広告の役目を果たしてもらうことが必要ですから、使うときに見てもらえるということも大切です。そういった意味ではティッシュペーパーはかなりいいと言えるでしょう。